2016
03.23

甘いものを食べると元気になるのは『シュガーハイ』のせい?

ホリスティック・ビューティー

皆様こんにちは

甘いものを食べた体内では血糖値の急上昇が起こり、一時的に『シュガーハイ』という興奮した状態になります

元気になったと錯覚しますが、数時間後には急激に血糖値が下がって空腹感をもたらす結果に。

正常ならば食後を除いて血糖値はほぼ一定に保たれてます。

それが糖分の過剰補給により血糖値を急激に上げたり下げたりしていると、血糖値が安定しなくなっていきます。

そうなると,ブドウ糖をもっと多く消費する脳が真っ先に影響を受けることになり、眠気や疲れを感じます。

甘い物をたくさん食べた後の子供がキレやすくなったりすることも報告されています。

LazoomeekのInstagramフォローもよろしくお願いします。









Facebooktwittergoogle_plusredditpinterestlinkedinmailby feather